仏花と霊園

霊園選びは資料によく目を通して自分の好みに合ったところを選ぼう

喪服の子供

日本では慣習としてお墓は家単位で持つものとなっていました。親から受け継いだお墓を自分が守り、自分はお墓に入った後には後継者が自分がしてきたようにお墓を守っていくという考えが前提にあったからです。しかし、近年では生涯を独身として過ごされる方も珍しくはなく、そのような方の場合には自分がお墓に入った後誰がお墓を守ってくれるのかといった問題が生じてしまうことになります。
また自分が死んだ後に入るお墓は自分で決めたいという考えを持たれる方も増えているため、終活の一貫として霊園選びをされる方も増えつつあります。たとえば、後継者のいない方の場合にはお墓の管理を霊園の運営者が責任を持って行ってくれる永代供養墓に興味を持たれるケースが多いといわれています。
永代供養墓ではお彼岸やお盆といった時期に行われる法要もすべて霊園の運営者が行ってくれるため後継者がいない方でも安心できるというのがその理由です。また、永代供養墓以外にも現在ではさまざまな形式のお墓があるため、自分の好みに合った埋葬方法を選ぶことが可能です。
自分が入るお墓は自分で決めたいというときには霊園から資料を取り寄せたうえで入念に目を通し、自分の好みに合いそうな霊園を選ぶようにしましょう。

オススメ記事

改葬先としての新たな霊園の選び方

鬼灯

墓地を購入する目的としては故人のために新しいお墓を購入するケースだけでなく、さまざまな事情で改葬を行うケースも含まれます。お墓の引越しを意味する改葬を行う際には、正しい手順を…

くわしく見る

霊園選びは資料によく目を通して自分の好みに合ったところを選ぼう

喪服の子供

日本では慣習としてお墓は家単位で持つものとなっていました。親から受け継いだお墓を自分が守り、自分はお墓に入った後には後継者が自分がしてきたようにお墓を守っていくという考えが前…

くわしく見る

霊園を選ぶ際にどんな事に注意したらいいか

灯篭

霊園を選び際には、まず高い買い物になる事をまず知っておかないといけません。霊園を決めて墓を建ててしまったあとは違う場所にすればよかったとしても簡単に変える事はなかなか出来ない…

くわしく見る

資料の請求や問い合わせをしてじっくりと霊園選びをしよう

青空とお墓

一般的な霊園の場合には原則として霊園内のお墓の管理やシーズンごとの法要といった行事は、お墓に納骨されている血縁者などの手に委ねられることになります。お墓というものは先祖代々受…

くわしく見る

最新の記事

NEW2019年07月08日
資料の請求や問い合わせをしてじっくりと霊園選びをしようを追加しました。
NEW2019年07月08日
霊園を選ぶ際にどんな事に注意したらいいかを追加しました。
NEW2019年07月08日
霊園選びは資料によく目を通して自分の好みに合ったところを選ぼうを追加しました。
NEW2019年07月08日
改葬先としての新たな霊園の選び方を追加しました。

≫ 記事一覧